産後の骨盤矯正とダイエットについて『大阪』

2019/12/23 ブログ

産後の骨盤矯正ネタが最近多いですね。大阪で産後の整体をしてくれるジムはたくさんありますが、産後のダイエットと骨盤矯正が出来るジムは他にどこにあるのでしょうか??

産後の骨盤矯正というと産後のお母さんの認識は最近では多く知られるようになってきました。骨盤が開くといいことがないのは事実です

骨盤が開くと何が起こるのか??デメリットは何かご存知でしょうか??

1つ目:猫背になる。猫背になるということは肩こりや頭痛も非常に起きやすくなります。産前のお母さんはよく悩まされたとおもいます

2つ目:ガニ股になる。イメージをしてほしいのが、深いソファーに座ると腰が丸くなり足がドーンと外に開きます。その状態がまさに骨盤が開いた状態です。その格好で歩いてるイメージです。

3つ目:ガニ股になることにより内ももが使えない。足首を外に開いて内ももに力を入れていただければわかりますが、ガニ股になると内ももに力が入りません。力が入らないので内ももはたるんたるんのままで筋肉は落ちていくばかり、そして骨盤を締めるのには内ももも必要なのにその筋肉が落ちていくので骨盤の開きはさらに開く一方。

4つ目:猫背になることにより二の腕がたるんたるんに。こちらも猫背にして二の腕に力を入れるとわかります。力を入れるのが難しいです。使えないのでさらに振袖が大きく・・・最悪な状態に

5つ目:女の人は特にトイレの我慢が出来なくなる。骨盤が開くことにより骨盤底筋が締まりが悪くなり失禁の原因になったりします。腹圧が入れることが出来ないなどの悪循環に

 

言い出すときりがないほど、骨盤の開きは怖い状態です。

ただ、産後のお母さんはホルモンが分泌され骨盤を締めようとしてくれます。そこにトレーニングをすることで産前の体より綺麗な体を通ることが理論上可能となってます。努力したら変わるのが体です。

怖いことが、、、、実は産後のお母さんと太っているポッコリお腹の中年男性や、ポッコリお腹の方は注意ください。実は骨盤の開きという論点で見ると産後のお母さんと同じなんです。

なにを意味するか。産後のお母さんはホルモンで骨盤を締めようとしてるが、ダイエットで痩せた人はトレーニングをしない限り骨盤は締まらない。なぜならそんなホルモンが分泌されないから。

産後=骨盤矯正→世間に浸透

ダイエット=骨盤矯正→世間は知らない

 

産後の骨盤を気にするより怖いのがダイエット後の骨盤が運動をしなければ何も変わろうとしない。それが1番怖いです。

産後の骨盤のことについて、またダイエット後の骨盤についてどうにかしたい是非当ジムにお任せください。

大阪で骨盤について対処できるジムは当ジムだけです。

結果と実績があるからこそ大阪でやってこれました。是非カウンセリングお待ちしております