プロテインのデメリットや副作用は知ってほしい

2020/03/03 ブログ
プロテイン

プロテインのデメリットは???良いのは知ってるけどそもそもプロテインのデメリットも知ったうえでトレーニングを受けたい!

今回は全3回に分けて説明したいと思います!

 
1 メリット・デメリット
2 種類(ホエイ、カゼイン、ソイetc)
3 価格設定、選ぶ際のポイント

日頃からハードワークに打ち込む人、仕事の休憩時間に、また家事の間にといった具合に、トレーニングをしない人でも手軽に栄養を補えるものとして、最近ではプロテインが流行っています。どのような目的でなんの為に摂っているかも理由は様々ですが、固形物以外から飲み物として手軽に摂れるプロテインに注目・人気が集まっており、最近では、ブルーベリーチーズケーキやモカなど各メーカーが種類も豊富に取り揃えています。そこで、本日からプロテイン(粉状タンパク質)について、メリット・デメリット、価格の違いなど様々な角度から全3回に分けてお話させていただきます。

1.メリット・デメリット


~メリット~


 プロテイン=タンパク質は、筋タンパク質の合成以外にも、髪の毛、爪など身体のいろいろな部位の構成を担う主要な栄養素であります。

さらに、タンパク質を定期的に摂取することで体内のアミノ酸供給が一定に保たれ、筋タンパク質合成が行われやすくなる。プロテインとしてタンパク質を摂るメリットとして、小食の人の場合は総摂取カロリーの底上げや、時間的制限がある場合に手軽にとれるなど様々であります。また、一食あたりのタンパク質が肉や魚などの食べ物に比べ安価で手に入ることや、時短(調理時間の短縮)ができるのも魅力的であります。最近では、各メーカーがフレーバーにも力を入れており、チーズケーキ味、チョコバナナ味など女性にも支持されやすい理由もうなずけますね。

 

~デメリット~


 食べ物は胃で消化、小腸で吸収されるが、液体から摂った場合に、胃腸の働きが少なくなり、内臓が動いて消費するエネルギー(食事誘発性熱産生)が減ってしまう可能性がある。

対策としてはなるべき固形物からタンパク質を摂ることを心がけ、他の栄養素においても同じである。プロテイン及びスムージーなどの置き換えダイエット(総摂取カロリーを減らすことができる)が流行ったが、一日三食の中でたった一食であっても、特にダイエット中の消費カロリーを稼ぐ良い機会を自ら減らすことになるため非常に重要である。なるべく量を摂りつつ満腹間感を得たいのであれば、なおさら固形物から摂りたい。

 

更に詳しく下記ページでも詳細を公開!!!

 

②プロテインの種類や違いについて

③プロテインの種類と値段の違い

 

 

人気シリーズ!!女性に必見!!!

 

 

④女性がプロテインを飲むと太る?と言う都市伝説は本当??