女性がプロテインを飲むと太る?と言う都市伝説は本当??

2020/03/23 ブログ
プロテイン

女性がプロテインを飲むと太る?効果が無い?など沢山の情報がありますが今回は女性にとって正しいプロテインの情報をお伝え!太る??太らない??

トレーニング前後、間食としてなど様々な場面でかかせないプロテイン。
飲むと元より体重が増えてしまった、太るのが怖くて飲むのをためらっている、そんな悩みを抱える女性も多いでしょう。今回はそんな経験をお持ちの女性にぜひとも知って頂きたい内容となっております!

 

 実際のところどうなのでしょうか、そのあたりを詳しくお話させて頂きます。

 

まずはプロテインについて、そもそもプロテインはあくまで”栄養補助食品”です。厚生労働省によると、栄養補助食品とは「栄養成分を補給し、または特別な保険の用途に資するものとして販売の用に供する食品の内、錠剤、カプセル等通常の食品の形態でないもの」と定義されています。プロテインは粉末状であるため、ここでの「錠剤、カプセル等通常の食品の形態でないもの」に区分されるというわけです。

つまり、普段の食事からだけでは賄えない、不足しがちな栄養素を補うために「食事+”補助的に”摂る」ということです。また、プロテインや粉飴(粉末状炭水化物)は、液体にして飲むことで、一時的または長期間にわたり、固形物で栄養を摂ることができない人のためにもあります。

 

さて、ここからが本題です。
プロテインを飲む際に、カロリーを意識したことがある人はどれだけいるでしょうか。
タンパク質を摂るとなんとなくキレイになれそうだから、友達が飲んでいるからなど、飲むことによる効果は気にするものの、実際のカロリー自体を意識する人は少ないでしょう。

 

ただ、市場に出回っているプロテインはおおよそ、約100kcal~120kcalがほとんどです。しかし、これはおにぎり約1つ分のカロリーに値します!
つまり、普段の食事量・栄養バランスを整えていない状態でプロテインを飲むと、プロテインとしての効果を発揮することよりも先に、単純に摂取カロリーが増えてしまう=オーバーカロリー(消費≦摂取)となり、結果的に太ってしまうというわけです。

 

<まとめ>


①    プロテインよりもまずは通常の食事の改善が必須
②    プロテイン自体のカロリーを考慮する
③    プロテイン(サプリメント)に依存しない
以上3点を守りつつ、プロテインと上手く付き合っていきましょう!