ランニング?筋トレ?ダイエット効果が高いのは??

2020/10/12 ブログ
ランニング部

筋トレ??ランニング??ダイエットするのにどちらが効率よく痩せると思いますか??答えはどちらもお願いします。

理由をご説明したいと思います。

ダイエット効果として筋トレにてよく聞くのが代謝があがるという事です。筋肉1キロ増えると約13カロリーが1日の代謝でUPします!!嬉しいですね!ちなみに・・・脂肪1キロ増えても代謝は約4カロリーアップするのですが・・・。

ようするに燃費の悪い体が出来ます。燃費の悪いかだの状況を作れば作るほどダイエット効果が高いと言えます。

そしてランニング。ランニングは動けば動くほどカロリーが消費されます。

捉え方ですがカロリーは無限に消費出来ますが、食べ物から得られる食事は限りがあります。ですでの動けるだけ動くことが大切。

 

筋トレして動く。燃費の悪い車でドライブに行くことが筋肉をつけてランニングを消費することです。

筋肉をつけて代謝があがると言えど13カロリーです。

1キロ筋肉をつける、1キロ脂肪を落とす

13カロリー マイナス 4カロリー =9カロリーです

これだけしか変わらない。でも確実に燃費は悪くなっています。

 

燃費が悪くなった体に対し効果的なのは走り回る!ドライブをすることです。

 

ただカロリーの事をさんざん言いましたが、糖質制限についてザックリ簡単に少し話します。

糖質の物を食べると人間は糖質からまずはエネルギーを得ます。その後脂肪の分解などをおこなっていくのですが・・・糖質は取りすぎて余ることになると脂肪に変わります。

脂肪は体にため込みます。だから太っていきます。

面白いことがあります。血液中の糖は動くと20分から30分もするとなくなります。

それがランニングをすると20分以上すると脂肪が燃焼すると言われていますのが、まあ人それぞれだと思います。統計の話です。

要するに朝から運動『ランニング30分程度』をして1日糖質オフにするとどうなるか。血中には糖が無いので常に脂肪からエネルギーの供給になります。

だから朝起きて1時間のウォーキングもしくは30分のランニングがお勧めということです。

そして朝の段階から脂肪の燃焼スイッチに切り替えるとダイエット効果が高いということです。だからダイエットには正直、有酸素運動は私はマストと思ってます。そのうえで筋トレが良いと思います。

筋トレは代謝があがると言われていますが実は本当の効果は体の成型です。

カッコイイ形を作ることが筋トレ。痩せても綺麗な体でないとやる意味はありません。

最短で痩せカッコイイ体こそ最大のやる意味ではないでしょうか?