ダイエットで必須な気持ちの【持ち方・考え方】

2020/11/17 ブログ

ダイエットにおいて気持ちの持ち方や考え方は非常に大切です。ダイエットでほとんどの人が継続できないという症状に陥ります。人間の3大欲求の食事を制限しようとしたらストレスを感じます。1日は行けても3日は続かないというのはほとんどの方です。3日続いても1週間、3週間、1ヶ月、3ヶ月と1・3の周期で人間は断念していきます。

ではどのようにして体重の数字を見るかです。

まずは体重は1週間単位で見ましょう。そしてその週の食べた物は必ず記載しましょう。細かくではなくザックリで大丈夫です。そして運動や1日のスケジュールなどエネルギーを消費したであろうことをざっくり記載しましょう。

それだけでまずは大丈夫です。でもほとんどの人が上記の事が出来ません。

何が言いたいか。

ダイエットにおいて分析が大切です。何を食べてどれくらいの1日で何をしたのかをしっかり分析を行い1週間を通して『確認と認識』を行うことが大切です。

お客様に水分や便の話をするのですが自分では水分を取っている、便も出てると思ってもライティングを始めてから私たちのOKラインと離れていることが多くあります。

体重が落ちないのには必ず理由があります。

痩せないのは分析ができていない。そしてその分析資料もないのに食べないという選択肢を取るので成功もしません。

まずはしっかり分析を行うことで自分が見えてきます。

今日は1週間前は暴飲暴食だったから今週は控えめにします。そして来週は予定があるのでその分運動をしっかり行う、分析と確認そして対策まで出来ると必ず成功の道は見えてきます。私たちの仕事は分析ののちに最短で成功する道を案内するのが私たちです。

エベレスト登頂するのに何の準備もせずに上る人はいません。ダイエットもまずは自分を知ることからが大切です。

食べない。そんなダイエットをするから失敗します。

モチベーション維持はまずは自分を知ることからです。そうすると道は必ず見えてきます